埃を吸い取ってから綺麗な布巾とブラシでエアコン掃除をする

エアコンは掃除機やブラシ、布巾を使って順序よく行えば、簡単に綺麗にすることができます。掃除をする前には、エアコンの真下部分に大きなビニールシートを広げて敷くのがポイントです。

掃除機と濡れ布巾を使って外側から中にかけて掃除する

エアコンは外側から中に向かって汚れを取り除いていきましょう。外側には汚れや埃が付いていることが多く、そこから綺麗にしていけば、より掃除がしやすくなります。まずは外回りの埃が空中に舞って吸わないように、掃除機を使って埃を取り除きます。

掃除機のヘッド部分を外し、埃が多い天板部分から下にかけて埃を吸い取っていきます。その際には、吸い口を少し浮かした状態で吸い取っていくのがポイントです。手前の面の吸い方は、左から右にスライドさせながら上から下にかけて移動させるのがコツです。最後に、丁寧に噴出し口部分の埃を吸い取りましょう。

フィルターを取り外して綺麗にしよう

次にカバーを開け、中のフィルターを取り外しましょう。それも掃除機で上から下にかけて移動させながら埃を吸い取るのがポイントです。そして、それにシャワーで水をかけながら汚れを取り除いていきます。この時は、あまり勢いが強くない水圧にしながら水をかけましょう。歯ブラシか専用ブラシで擦れば、より汚れが取り除けます。洗ったら、綺麗な布巾で水分をしっかりと吸い取り、それを日陰の通気性の良い場所に立て掛け、しっかりと乾かしておきましょう。

もくじに戻る

冷却フィンなどの内部も綺麗にしよう

その間に、エアコンの本体部分を綺麗にしていきます。布巾を水で濡らし、しっかりと絞りましょう。それを下の面から左右の側面、手前の面から最後に上の天板の部分を拭くようにします。手前の面は布巾の綺麗な面で拭くようにし、それが終わったらまた新しい面で上の天板を拭くようにしましょう。

噴出し口にも埃などが溜まっていることがあります。そこは新しい歯ブラシか専用ブラシを使い、中から手前にスライドさせ、奥に溜まっている埃をしっかりと取り除くのがポイントです。

冷却フィン部分は新しい歯ブラシか専用ブラシを使い、上から下に向けて擦るようにして綺麗にしていきます。そして、綺麗な布巾を濡らし、しっかりと絞ります。それでエアコンの内側部分の汚れを丁寧に、ゆっくりと拭いて取り除きましょう。あまり力を入れすぎず、軽く目のそって拭いていくのがコツです。1回よりも2回拭きますと、より綺麗になります。綿棒を使って溝を拭きますと、より綺麗になります。

もし、汚れがキツイようでしたが、専用の洗浄剤を吹き付け、少し時間をおいてから拭き取れば、よりエアコンの中を綺麗にできます。吹き付ける際には、放置時間をしっかりと守りましょう。又、エアコンのすぐ下の面にテープで大きなビニールシートを広げて貼り付けましょう。

最後に乾いたフィルターを取り付け、カバーをします。それから暖房を30分ほど付けて、しっかりと乾かせば完了です。

もくじに戻る

まとめ

エアコンをしっかりと綺麗にするには、まずは埃をしっかりと掃除機で吸い取っておくのがポイントです。それから細かな部分は歯ブラシで、汚れがある箇所は濡れた布巾をしっかりと絞って拭きましょう。目にそって拭くことで、より綺麗になります。

よかったらシェアしてね!