MENU

専用のカビ取り剤をスプレーしてお風呂場全体のカビを掃除する

2020 2/25

お風呂場のカビというものは、実に頑固で取り難いのが難点です。そんな時には、専用のカビ取り剤を使うのがポイントです。これを使えば、よりしっかりと、より短時間で綺麗にできます。

天井から床にかけてカビ取り剤をスプレーする

まずはお風呂場の換気扇を回すか、窓を全開に開けましょう。ゴーグルと袖の長いビニール手袋、マスクをしましょう。それから天井から床にかけて、カビ取り剤をしっかりとスプレーしましょう。

カビ取り剤はスプレータイプの方が広い範囲を吹き付けやすいです。天井にはハンドル部分が長いスポンジタイプのクリーナーに液を吹き付けて、それで天井をスライドさせながら丁寧に塗りましょう。

塗った後は放置し、その間に壁の部分にスプレーしていきましょう。届かない高い場所へは天井の時と同じようにクリーナーで塗りましょう。その際には、横にスライドさせて液を塗っていくのがポイントです。カビが酷い場所は、2度塗りをするのがコツです。踏み台があればそれに乗り、高い場所をスプレーするといいでしょう。

タイルの壁の目ジリにはより丁寧にカビ取り剤を塗ろう

タイルの壁の場わいには、目ジリ部分にはたっぷりのスプレーをしましょう。先に、目ジリ部分に液を塗っておき、それから壁全体に液をスプレーしていくのも良い方法です。

それが終われば、床の部分を綺麗にしていきましょう。床には髪の毛や埃、垢などが落ちていることがあります。それを掃除機で綺麗に吸い取るか、ホウキで綺麗に掃いておきましょう。それから目ジリがあるタイルの床なら、その目ジリ部分に液を塗っておきましょう。そして、全体的にスプレーして放置しておきます。

その間に、バスタブの汚れもピカピカにしておくのがポイントです。バスタブ専用の洗浄剤を上から横にかけてスプレーしていきます。キズが付かない優しいスポンジを使い、円を描くようにして上から下にかけて丁寧に擦っていくのがポイントです。10分程度放置してから水で洗い流しましょう。

もくじに戻る

水をかけて液を洗い流しましょう

それから、天井部分に水をかけるか、濡らして絞った布巾で液を拭き取っていきましょう。クリーナーに水を軽く付けて、スライドさせて取り除く方法でもOKです。

壁は全体的にスポンジで擦ってから水をかけた方が、より綺麗になります。頑固な場所には、少し時間をかけて擦りましょう。そして、上から下にかけて水をかけ、最後に床をドア付近から排水溝にかけて移動しながら水をかけていきましょう。

最後に、乾いた布巾で全体的に水分を取り除きましょう。スポンジタイプの綺麗なお風呂用クリーナーを使い、水分を取り除く方法でもOKです。

この掃除は、午前中から午後にかけて、気温の高い時にやるのがコツです。換気扇は付けたまま、窓も夕方頃までは全開に開けておき、しっかりと乾かしましょう。

もくじに戻る

まとめ

お風呂場の掃除では、専用のカビ取り剤を使うのがポイントです。放置時間をしっかりと考えることも大切です。水で洗い流せば、よりお風呂場に湿気がこもらずに洗えます。

掃除後には、お風呂から出たらすぐに換気扇を回す、窓を開けて湿気がこもることを防ぐのが大切です。1ヶ月に1度はスプレーして掃除すれば、より酷いカビの発生を抑えることができます。