MENU

光コンセントがあるのに工事が必要?確認方法と工事について

2020 3/29

インターネットに電話にテレビ、まとめてひとつの回線でつなぐことができる光回線。光ファイバーケーブルを建物内に引き込むことで利用できるようになりますが、それには工事が必要です。

もし自分が住む前の住人が、その建物で光回線を利用していたのなら、工事をせずに光回線を利用できる可能性があります。その可能性を見極めることができるのが、光コンセント。これがすでに設置されていれば、費用も手間もかからずに光回線を利用することができてラッキー!でも、光コンセントがあったとしても、工事が必要になる場合もあるといいますから要注意。

光コンセントがあっても工事が必要になるのはどんな場合なのか、そもそも光コンセントって何なのか、詳しく解説していきましょう。

光コンセントとは

初めて光回線を利用する人なら、光コンセントと言われてもピンとこないかもしれません。光コンセントとは?どのようなコンセントなのか詳しく見ていきましょう。

光コンセントとは

光コンセントとは、光回線でインターネットを利用するためのコンセントで、電柱から引き込んだ光ファイバーケーブルを建物内で使用できるように設置されています。コンセントには「光」か「光コンセントSC」と文字が記してあり、ここと回線終端装置をファイバーケーブルでつなぐことにより、インターネットを利用することができるようになります。

光コンセントが設置されている場所

光コンセントには2つのタイプがあり、ひとつは「一体型」でもうひとつは「分離型」です。一般的なのは一体型で戸建てに多いタイプ、電話の配管を利用して光ファイバーケーブルを引きこむので、電話コンセントと一緒に壁に設置されています。

もうひとつの分離型は、エアコンのダクトを利用して光ファイバーケーブルを引きこんだり、壁に穴を開けて引き込む場合もあります。分離型の光コンセントの設置場所としては、エアコンダクト付近の壁のほか、テレビアンテナコンセント付近にある場合も。

光コンセントがあった場合のメリット

すでに光コンセントが設置されていた場合、次のようなメリットがあります。

新たな工事をする必要がない

光コンセントが設置されているということは、すでに光回線が導入されているということですから、光回線を建物内に引き込む工事は不要になります。大掛かりな工事を依頼したり、その工事のための費用を負担しなくてもいいし、工事に立ち会う必要もないでしょう。また、工事が不要なら使用開始までの期間も短くなりますね。

無派遣の工事で開通ができる

光回線業者と契約し、使えるようにするための作業は必要になりますが、わざわざ業者の方で作業員を派遣しなくても、自分でケーブルを接続する程度ですみます。このような手続きでも「工事」となりますが、作業員を派遣しないということで「無派遣工事」という扱いになります。

工事費が安く済む

作業員を派遣しない工事でも費用は2,000円程度かかりますが、作業員を派遣してもらう工事よりも安く済むのは間違いありません。

光コンセントを使用する、主な光回線サービス

光コンセントのほとんどがNTTが設置したものなので、これを使用した主な光回線サービスはNTT系の光回線サービスということになります。

具体的には、

・ドコモ光
・フレッツ光
・ソフトバンク光
・@nifty光
・So-net光プラス
・OCN光

などです。
一方で光コンセントを使用できない光回線サービスは、NTT系ではないauひかりや電力系の光回線サービスになります。

光コンセントがあるのに工事が必要な場合

光コンセントがあるのに工事が必要、ちょっと納得できないかもしれませんよね。以下の場合には残念ながら工事が必要になるようです。

光コンセントの情報がNTTにない場合

光コンセントは確かに部屋にあるのに、そのコンセントの情報がNTTに残っていなければ無派遣工事ではなく、作業員が派遣される工事になってしまうこともあります。情報が残っていればNTTの方で信号を流すことができ、それにより部屋に光回線がつながっているのかを確認することができます。

しかし、情報がなければ信号をこちらに向けて流すことができず、派遣工事が必要となります。以前の住人が引っ越す際の解約で、派遣工事を依頼した場合などに情報が消えてしまうようですね。

光コンセントのある場所と違う場所で使いたい場合

光コンセントが設置されている部屋ではなく、別の場所でインターネットを利用するために、やはり派遣工事が必要でしょう。その部屋に光ファイバーケーブルを引き入れる必要があり、素人ができる工事ではありません。

Wi-Fiが利用できる環境なら、ルーターを接続することで工事が不要、別の部屋でもインターネットを楽しむことができます。

光コンセントが断線していたり故障している場合

光コンセントがあったとしても、光ファイバーケーブルが断線していたり故障しているのなら工事が必要になります。電柱から建物外の配線の場合、台風や雪害などの天災や火災などが原因で断線してしまうこともあるでしょう。

また、建物のリフォームやリノベーションなどを行った際に、配線が撤去されてしまう場合もあります。このように、光コンセントがあるのに断線したり故障したりしている場合は、無派遣工事で大丈夫だと思って依頼しても、インターネットがつながらないという残念な結果になることがあります。もしつながらなかった場合は、諦めて派遣工事を依頼しましょう。

過去に利用者がいない場合

光回線完備のマンションで光コンセントも設置されている、それなのにインターネットを利用できないことがあります。それは、その部屋で過去に光回線を利用したことがない、利用者がいなかった場合です。

確かにマンションには光回線が導入されていても、そこから部屋までの工事か完了していなければ当然ですがインターネットはつながりません。その部屋では自分が初めての利用者になる場合は、費用が掛かりますが派遣工事を依頼しなければなりませんね。

auひかりやNURO光を申し込んだ場合

光コンセントはNTTが設置したもの、NTT系の光回線でなければ利用することができません。光コンセントがあることを確認し、さっそくauひかりやNURO光を申し込んだとしても、そのコンセントではつながらないことになります。

どうしてもauひかりやNURO光でなければダメ、とおっしゃるのなら設置してある光コンセントは無視し、自分で導入するための派遣工事を依頼することになりますが・・・簡単なことではありませんよね?

ですから設置してある光コンセントを利用したいのなら、光回線はauひかりやNURO光などではなく、NTT系列の光回線サービスを申し込むようにしましょう。

乗り換えで一時的に複数の回線になる場合

今よりお得になるからと、光回線を乗り換えすることもあるでしょう。その際に、全くインターネットが使えなくなる状況を避けるため、一時的に複数の回線を使用することになるかもしれません。

光コンセントは光回線1回線につき、必ず1つ必要になります。複数の光回線を利用するのなら、その個数分光コンセントが必要になるので、増設する分の派遣工事が必要になるわけです。

フレッツ・テレビを申し込む場合

インターネットだけでなく、フレッツ・テレビも申し込みたい場合は、無派遣工事ではなく派遣工事が必要になります。テレビということで、信号がきちんと届き鮮明に映像が映るのかを確認するための工事になりますが、以前フレッツ・テレビを利用したことがある場合、その時に引き込んだ屋内配線があるため、工事費はその分安くなる可能性があります。

もくじに戻る

光コンセントが見当たらない場合は工事が必要

どこを探しても光コンセントがない、前の住人が利用していた形跡もないのなら、やはり工事が必要になるでしょう。マンションなどの集合住宅の場合、入居前に「光回線に対応している」と言われていても、実際は部屋までの引き込みが完了しておらず、光コンセントも設置されていないというケースもあるようです。

もくじに戻る

まとめ

光コンセントがある場合、費用が安く済む無派遣工事で済む可能性が高いですが、場合によってはより金額が高い派遣工事が必要になることもあります。

断線していたり故障していた場合は工事が必要ですし、部屋まで光ファイバーケーブルが引き込まれていない可能性もあり、その場合も工事が必要です。そもそも自分が申し込んだ光回線では設置されているコンセントが使用できない、というケースもありますから、工事を避けたいのならその点も注意しましょう。