MENU

新築戸建てでテレビを見る方法

2020 3/29

念願だったマイホームを手に入れることができ、引っ越しまでワクワクと準備されている方もいらっしゃると思います。家具や家電選びや、ガーデニングも楽しんだりペットも飼おうと計画しているかもしれません。

家電といえばテレビもありますが、電気を契約したからといってコンセントを差し込みすぐに視聴できるわけではありませんからご注意を!新築戸建てでテレビを見るための方法、ひとつではなく複数あるので、我が家にピッタリな方法はどれなのか、参考にしてみてください。

新築戸建てでテレビを見る方法

テレビを見るためには電波を受信しなければなりませんよね。テレビが映るようにするためにはアレでしょ?と昔ながらの方法を思い浮かべるかもしれません。確かにその方法もご紹介しますが、今はその他の方法もいろいろとありますよ。

テレビアンテナを立てる

テレビといえばやっぱりアンテナ!一般的な方法で、利用している方が最も多いのではないでしょうか。屋根の上に立てるアンテナもありますし、室内に置いたりベランダに設置するタイプもあります。地上波を受信する地デジアンテナだけではなく、衛星放送を受信するパラボラアンテナでBSやCS放送を受信することもできます。

テレビアンテナにもメリットとデメリットがあるのですが、それはどんなことなのでしょうか?見ていきましょう。

テレビアンテナのメリット

テレビアンテナの最も注目したいメリットといえば、設置してしまえばその後は費用がかからないことがあげられます。放送を見るための視聴料が不要だということです。BS放送やSC放送などは契約して視聴料が必要になるチャンネルもありますが、地デジや無料のBS放送を見る分には視聴料が必要ありません。

無料の放送にお金をかけたくない、有料放送は見なくてもいいなという方なら、テレビアンテナが向いているでしょう。(地上波・BSともNHKの受信料は必要です)

テレビアンテナのデメリット

一方でテレビアンテナのデメリットといえば、受信する地域によって電波が入りにくかったり、チャンネルによって映りが悪いことがあげられるでしょう。その地域全体が電波の入りにくい場合もありますし、近くに電波をさえぎるような高さのある建物が建ったり、家を囲むように生えている樹木の成長とともに、テレビが映りにくくなるケースもあるようです。

また、天候によっても映りが左右されることもあります。強風や大雨、降雪が影響したり、台風などでアンテナ自体が倒れてしまい映らなくなることも。アンテナ自体はそれほど高価ではありませんが、屋根の上など設置するのに工事費が必要になる場合もあり、風が強く吹く地域ならちょっと心配ですね。

ケーブルテレビに加入する

地元のケーブルテレビへの加入を勧めるCM、ご覧になったことがあるのではないでしょうか。地域のケーブルテレビ会社と契約すれば、テレビを視聴できるほかインターネットや電話もまとめてお得に契約することができます。契約するにはケーブルを自宅へ引き込む工事が必要になり、視聴するには月々の料金が発生します。

ケーブルテレビのメリット

ケーブルテレビは、テレビアンテナとは違い有線なので電波の入りにくい地域でもキレイな映像で視聴することができ、天候によって画質が左右されることもありません。また、一番のメリットは専門チャンネルが多いということでしょう。地デジやBS放送だけでなく、スポーツや映画、アニメ、時代劇、韓流など迷ってしまうほどチャンネルがたくさんあり、お子さんから年配の方まで幅広い年代に喜ばれています。

また、テレビだけでなく電話やインターネットも契約することができ、まとめて契約することで料金がお得になるうれしいサービスもあります。

ケーブルテレビのデメリット

ケーブルテレビは、最初に工事が必要であることと月々の料金が発生するので、地デジのみ視聴できればいいという方にとっては高いと感じるのではないでしょうか。地デジのみでも月々2,000円~3,000円程度払わなければなりませんから、よほど電波の入りが悪い地域以外なら、ケーブルテレビを契約するのをためらってしまうかもしれません。

せっかくだからと専門チャンネルをプラスしたプランを契約しても、結局地デジしか見ないのなら料金がもったいないですよね。また、ケーブルテレビでインターネットと電話も一緒に契約すると、ケーブルテレビ側に機器の故障などトラブルが起こった際、テレビを見ることができないだけでなく、インターネットも電話もつながらないということになってしまいます。

光回線でテレビを見る

NTTの光回線「フレッツ光」を利用し、映像の信号も光回線で流すことで地デジやBS、CS放送を視聴することが可能です。NTTと契約していなくても、NTTと提携している事業者の光回線でテレビを視聴することもできます。

光回線のメリット

ケーブルテレビと同様に、家の外にアンテナを立てるわけではなく有線なので、地域や天候によって画質が左右されることがありません。また、安価な地デジ・BSのみのプランもあり、ケーブルテレビよりも安く契約できるのが魅力です。

すでに光回線を導入していれば、テレビを視聴するための高額な工事も不要で気軽に申し込むことができるでしょう。光回線なのでもちろんインターネットの速度は速く、動画を見る際にストレスを感じにくいといわれています。

同じ有線でもケーブルテレビの場合は、速度が遅いので不満を感じている方も多いようです。光回線とケーブルテレビ、どちらもアンテナよりキレイな映像を見ることができますが、インターネットでもストレスなく利用したいのなら、光回線を選ぶことをオススメします。

光回線のデメリット

もともとインターネットを使わない、光回線を利用していない方には、テレビを視聴するために光回線を導入するのをオススメできないでしょう。光回線はインターネットを利用するために契約するもの、テレビを視聴する他に電話も光回線で利用することができますが、インターネットを使わなくてもその基本料金はしっかりかかってしまうのです。

導入する工事に数万円、月額料金が5,000円くらいからということですが、キャンペーンなどで新規の工事費用が割引になることもあり、これを利用すればかなりお得に契約できる可能性があります。ただ、インターネットを使わない方にとって、この金額は決して安くはない、高いと感じるかもしれません。

電力系インターネットを契約する

電力系のインターネット、これを利用してもテレビを視聴することができます。電力系のインターネットは、関西電力や四国電力などの電力会社が運営しており、その地域でなければ利用することができません。

インターネット回線のメリット

電力系のインターネットは、地元の電力会社が運営しているということで、安心感がありますし電気とセットで契約することで電気代もお得になるというメリットがあります。3年や5年間の長期契約では割引も大きくなりますが、お馴染み地元の電力会社なので安心して長期の契約も行えるようです。

インターネット回線のデメリット

電力系インターネット回線のデメリットとしては、どんなにお得であっても電力系インターネットは地域が限られてしまうことがあげられます。該当する地域でテレビサービスを利用することができても、引っ越しなどでその地域を離れインターネット回線を契約すれば、テレビの契約もそこで解約となってしまいます。解約時の解約金も安いわけではないので、引っ越す機会が多い方なら契約は考えた方がいいかもしれません。

まとめ

新築戸建てでテレビを見るには、一般的なテレビアンテナを利用する他にも、ケーブルテレビや光回線、電力系インターネットを利用する方法もありました。いずれの方法もメリットとデメリットがあり、どれがベストとは断言することはできないでしょう。

視聴するためにかかる費用や手間を考慮し、自分や家族の都合にも合わせて最適な方法を選んでみてください。引っ越し当日になって「テレビが映らない!」ということにならないよう、早めの準備を心がけましょう。