友達の就職祝いは何がいい?女性・男性別まとめ

めでたく就職が決まった友達に、お祝いを贈りたい!でもこれまで贈ってきたプレゼントと、同じようなノリで選んでしまうのはNG・・・かもしれません。友達が喜んでくれることはもちろん、仕事に役立つようなお祝いを贈りたいですよね。

就職が決まった友達に、何を贈ればいいのか?目安の金額や、男女別におすすめのアイテムをご紹介しましょう!

友達の就職祝いの金額の相場とおすすめ

就職祝いは、本来身内の間でやり取りするものだといわれています。親や祖父母、兄や姉など同居していたり血縁が近い身内のほか、叔父や叔母などの親戚からお祝いをもらうことが多いですよね。

でも、親兄弟よりもお互いを良く知っている友達や、普段から付き合いのある友達の就職が決まったら、やっぱりお祝いしてあげたくなるもの。親や祖父母などに比べたら、用意できる金額はささやかかもしれませんが、おめでとうの気持ちを込めて贈ってあげましょう。

就職祝いにも、金額の相場はあります。友達に贈る就職祝いの相場も確かにあり、3,000~10,000円程度だといわれています。本来なら、就職祝いは血縁関係がある身内が贈るもの、他人が贈る必要はないということですが、贈ってはいけないというわけではありません。

ただ、身内が贈る金額よりも高くなるのは控えた方がいいといわれいるし、あまり高額だと喜んでくれるより負担に感じてしまう恐れがあるので、相場を超えるのは避けた方がいいですね。

自分にそれほど余裕がないのを相手も知っている、それなら無理して高いものを贈らなくても大丈夫でしょう。少額でも心を込めて、激励を言葉にするのが照れくさいならメッセージをカードにして添えてもいいですね。

また、贈る相手が自分よりも年上だったら、高価すぎるお祝いを渡すのは避けた方がいいようです。年上は目上、目上の人に対して高価なお祝いを贈ることは失礼にあたるといわれています。

【女性編】友達におすすめの就職祝い

友達が女性の場合、おすすめの就職祝いはどのようなものがあるのでしょうか?贈って喜ばれる定番・人気のアイテムをいくつかご紹介しましょう。

ボールペン

仕事をするうえで欠かせない、必要なアイテムで就職祝いの定番です。ボールペンといってもピンからキリまであり、就職祝いの品として選ぶのなら自分では買わないような高級ボールペンを!

女性に贈るのなら、女性が使いやすいサイズのものを選び、デザインにもこだわりましょう。ビジネスシーンにはそぐわない、奇抜・派手なデザインはNGですが、さりげなく可愛いモチーフがついたものや、女性らしいカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

名前を入れてもらうのもおすすめ、実用的で思い出に残る就職祝いになりそうです。

晴雨兼用傘

最近は急に天候が変わってしまうことも多く、その度にコンビニでビニール傘を買ってしまい、自宅に何本もあるという人もいるのではないでしょうか。営業など外に出る機会が多くなりそうなら、折り畳み傘を持っていれば安心ですし、ビニール傘を持ち歩くよりもスマートです。

女性の場合、雨の日だけでなく天気の良い日の紫外線も気になるもの、ですから普通の傘よりも日傘としての機能もある晴雨兼用傘をプレゼントすると喜ばれるでしょう。

ボディケア用品

慣れない仕事で緊張し疲れが取れない・・・そんな時はお風呂にじっくりと浸かり疲れを癒すのもおすすめ。香りのよい入浴剤やシャワージェル、お風呂やシャワーで使えるアロマオイル、それにお風呂上りに使える上質なタオルなどもセットでプレゼントしても。

マッサージクッションやアイマッサージャーも、仕事の疲れを癒してくれると人気のアイテムです。

衣類用スチーマー

服のシワが気になるけどアイロンがけをする時間がない、そもそもアイロンなんて持っていないし使えない!という女子におすすめの衣類用スチーマー。今までは実家でお母さんがアイロンがけしてくれた、という人なら出勤間際になって焦ることも増えるはずです。

衣類用スチーマーはアイロンよりも手軽に使うことができ、アイロンがけのテクニックも必要なくシワも伸ばしやすいです。身だしなみ用として、就職祝いに贈ってはいかがでしょうか。

もくじに戻る

【男性編】友達におすすめの就職祝い

男性に贈る就職祝い、どんなものがおすすめなのでしょうか。仕事の内容に合わせて、必要なものを贈るのもおすすめですが、ビジネスシーンで使うことを意識して、シンプルで質の良いものを選ぶようにしましょう。

ボールペン

ボールペンは女性だけでなく、もちろん男性にも人気の就職祝いです。最近は文字を手書きする機会も減ってきていますし、学生の頃ならほとんどパソコンでボールペンの出番も少なかったかもしれません。

しかし、社会人になると思った以上に手書きする機会が多くなり、ボールペンも常に何本か携帯する必要があります。社会人なら100均で売っているような安っぽいボールペンではなく、もっとちゃんとした品質の良いものを使いましょう。

就職祝いには、老舗ブランドのボールペンが人気となっています。ただ値段が高いだけではなく、書き心地の良さ、使い勝手はやはり安価なものとは雲泥の差。就職祝いとして贈るボールペンは、名前入りにすると喜ばれますよ。

名刺入れ

社会人ならではのアイテム、名刺入れも就職祝いに贈ることが多いようです。デザインなど好みが分からないから選べないという品物ではないので、贈る方も選びやすいでしょう。

他の人も名刺入れを贈るかも?かぶってしまったら?と心配になるかもしれませんが、名刺入れは飾っておくものではなく開け閉めして使うもの、傷んできたり壊れたりするいわば消耗品なので、複数あっても困ることはありません。

目覚まし時計

遅刻厳禁、時間厳守が当たり前の社会人になるのですから、「朝は弱い」なんて言ってられませんよね。時計なんてスマホがあれば必要ない、と思っている人も多いですが、アラームの設定を忘れていたり、充電が切れていたらどうしますか?

そこで活躍するのが目覚まし時計、就職祝いのプレゼントとしても人気となっています。機能を重視するだけでなく、インテリアとして置けるデザインのものを選ぶのもおすすめです。

タンブラー

適切な水分補給は体調管理のためにも欠かせません。学生時代のように、水分補給したいからちょっとコンビニまで、と気軽に行くことはできない場合もあり、外回りならタンブラーを携帯しているという人も多いようです。

保温も保冷も可能なタンブラー、ペットボトルのように結露しないのでカバンの中を水滴で濡らすこともありません。温度を保って美味しく飲むことができるので、外回りだけでなく内勤でもタンブラーを使う人が増えているようですね。

もくじに戻る

まとめ

友達の就職祝い、金額の目安は3,000~10,000円程度ですが、友達との関係性によって金額を決めても良いでしょう。自分よりも年上の友達に贈るのなら、あまり高くならないように、それ以外でも10,000円を大きく超えてしまうのは相手の負担になる恐れがあります。

友達への就職祝いには、ビジネスシーンで役立つ品物を「社会人としてこれから頑張って!」という激励を込めて贈ったり、慣れない仕事で疲れた心身を癒すことができるようなものを贈っても良いですね。

知らない相手に贈る就職祝いではありませんから、あらかじめ何が欲しいのかリクエストを聞いておいたり、一緒に出掛けて選んでも。

友達への就職祝いは、どれだけお金をかけるかよりも、「おめでとう」「頑張って」という気持ちを込める方が大切です。ただプレゼントを渡すのではなく、お祝いや激励の言葉も添えましょう。

よかったらシェアしてね!