MENU

冷凍おせちの解凍方法

2020 2/27

忙しい年の瀬に、やらなければならないことは山積み、おせちまで手が回らない!という人も多いのではないでしょうか。年末になるとスーパーでも既製品のおせちを販売していますから、作れるものだけ作りあとは買って済ませることも可能です。

でも、真空パックに入っているようなおせちはなんだかイマイチ、作るのも面倒だなと思うのなら、すべてが揃ってお重に詰められている「冷凍おせち」もおすすめです。

冷凍技術の進歩で、最近のおせちはビックリするほど美味しいと大好評、味付けも一般的なおせちよりも薄味だったり、健康に気を使う人でも安心して食べられる冷凍おせちもあります。

でも、どんなに美味しいと好評な冷凍おせちでも、解凍方法によっては「買わなければよかった・・・」と後悔してしまうかもしれません。冷凍おせちを美味しく食べるための解凍方法について、詳しく解説していきます。

冷凍おせちの解凍方法

冷凍した食品って、調理したものをすぐ食べるのに比べ味が落ちると思っていませんか?でも、冷凍技術も年々向上し、黙っていれば冷凍食品だとは気がつかないことも多いといいます。そうはいっても、冷凍のおせちは決して安いものではありませんから、食べたことがなければ購入をためらってしまうかもしれませんよね。

最近の冷凍おせちは、食品会社が販売するものを購入するほか、高級料亭や有名ホテルから取り寄せることもできます。名のあるお店なら、がっかりするようなおせちを売るわけにはいかないので、冷凍するにも最新の注意を払い、冷凍に適した食材を厳選して作り立ての風味を保つための努力をしています。

しかし、そんな作り立ての風味を味わうためには、正しい方法で解凍する必要があります。冷凍おせちにはどんな解凍方法があるのか、その方法のメリットとデメリットも紹介していきます。

冷蔵庫で解凍する

一般の冷凍食品は、食べる時に加熱したり、室温に戻してから食べる場合もありますよね。冷凍おせちの場合は、食べる前に加熱する必要がなく解凍してからそのまま食べます。
おせちの解凍方法で推奨されているのが、冷蔵庫で解凍する「低温解凍」です。

低温解凍は、低温でじっくりと解凍することでドリップも出にくく、風味を損なうことも避けられます。冷蔵庫で解凍すると、5℃前後の温度を一定に保つことができ、最適な状態で解凍することが可能です。

解凍方法は簡単、冷凍庫から取り出し冷蔵の庫内に移すだけ。解凍時間の目安は、その御節の種類や重箱の大きさ、解凍する冷蔵庫によっても異なりますが、多くの場合24時間と指定されているようです。もちろん、購入したおせちの解凍方法・時間を確認し、指定された時間を守ることが大切ですが、冷凍おせちの一番のデメリットは、解凍するまでの時間がかかってしまうということでしょう。

冷蔵庫で解凍する場合は、解凍するための指定時間を過ぎても変質しにくいというメリットがありますか、かさばる重箱は冷蔵庫内に入れるのも大変です。冷蔵庫が小さかったり、年末のお買い物で庫内がぎっしりだと、冷蔵庫での解凍を諦めそうになるかも。

そんな時は、重箱を重ねたままではなく、一段ずつ分けラップをかけて解凍したり、取り出せる小分けのマスに料理が入っている場合なら、そのマスを取り出してラップに包み個別で冷蔵解凍しましょう。

冷暗所で解凍する

冷暗所とは、温度が低く保たれ直射日光が当たらない場所です。冷凍おせちの解凍に冷暗所を選ぶなら、10℃前後の室内が目安になります。おせちは冬場に食べるものですから、室内は暖房が効いていることも多いですよね。冷凍おせちを解凍する場合、そんな暖房が効いた室内は避けるようにしましょう。

冷暗所で解凍すれば、冷蔵庫よりは温度が高いので解凍時間が短くなります。急ぐ時には冷蔵庫で解凍するよりも、冷暗所で解凍する方が良いのですが、温度を一定に保てない場合は要注意です。

室温が高くなってしまうと変質してしまう恐れがありますから、置きっぱなしにするのではなく、定期的にフタを開け解凍状態をチェックします。また、冷凍おせちを解凍している室内へ頻繁に出入りするのは避け、温かい外気が入るのを防ぐことも大切です。

冷暗所での解凍よりも早く解凍したい、とにかくすぐに解凍する必要があるのなら、常温で解凍する方法もあります。常温とは冷暗所よりも高い温度で10~20℃前後ですが、早く解凍できるものの、結露したりドリップが出たりする恐れがあり、じっくり解凍したものに比べ風味は落ちてしまいます。

また、高い温度で長時間放置すれば風味が落ちるだけでなく、変質して食べることができなくなることも。作り立ての美味しさを味わいたいのなら、常温解凍はおすすめできません。じっくりと低温解凍することで、冷凍おせちの美味しさを目覚めさせることができます!

レンジは不可!

じっくり解凍なんて待っていられない!とせっかちな人なら、電子レンジでの解凍を考えてしまうかもしれませんよね。最近の電子レンジは解凍機能も向上していますが、冷凍おせちに関してはやめた方が良い、いいえ、やってはいけません!

中には電子レンジに向かない食材もありますし、解凍できたとしても食感や味が落ちてしまいます。また、手をかけて作られた美しいおせちの見た目も悪くなってしまうでしょう。お正月だからと奮発して高いお金を払ったのに、電子レンジで解凍して生ゴミ状態に・・・では困りますよね。

冷凍おせちの賞味期限はどのくらい?もし食べきれなかったら?

冷凍おせちの賞味期限はどのくらいなのでしょうか?冷凍しておけば結構持つのでは、と思うかもしれませんが、美味しく食べるためにはやはり賞味期限に注意しましょう。

メーカーにもよりますが、冷凍おせちの賞味期限は1~2か月くらいのようです。ただし、自宅の冷凍庫で保管する場合、ドアの開け閉めが頻繁であったり、冷凍の機能が低下しているなど、温度を保つことが難しいこともあるでしょう。ですから、届いたら早めに食べることがおすすめです。

また、冷凍おせちは解凍したらそれ以降は保存が効かなくなります。たとえ賞味期限がたっぷり残っていたとしてもそれは冷凍した状態での期限、解凍したら早めに食べるようにします。

冷凍おせちを食べきれなかったら・・・?解凍してしまったものは再冷凍することができません。でも捨ててしまうのはもったいないですよね。お正月明けのゴミ収集には、食べきれなかったおせちが捨てられている光景を、目にする人も多いといいますが。

賞味期限・解凍後の消費期限を大きく過ぎてしまったものに関しては諦めるしかないですが、まだ余裕があるのなら素材として使い別の料理にリメイクするという方法もあります。例えば、栗きんとんに溶かしバターや生クリームを加え、黒豆を混ぜてアルミカップに入れ、卵黄を塗ってオーブントースターで焼けばスイートポテト風のお菓子ができます。

お煮しめは細かく刻んで炊き込みご飯にしても。紅白なますなどの酢の物は好き嫌いがありますが、サラダの具として使うと食べやすくなります。海老、タコなどが残っていたら、一緒にマヨネーズやオリーブオイルであえても。ゆで卵とマヨネーズでタルタルソースを作れば、子供も喜んで食べてくれるでしょう。

もくじに戻る

まとめ

冷凍おせちは、冷蔵のおせちよりも賞味期限が長く、忙しい年末でも余裕をもって用意することができて便利です。冷凍とはいえ、冷凍技術の進歩で作り立てのような味わいを楽しむことができますが、それには解凍方法を誤らないことが大切です。

解凍したおせちは早めに食べきること、余ってしまったらリメイクし目先を変えて最後まで美味しくいただきましょう!