MENU

ぬいぐるみクリーニングは安い?値段と評判まとめ

2020 3/08
ぬいぐるみクリーニングは安い?値段と評判まとめ

ぬいぐるみって子供だけでなく大人になってからも手放せないという人、多いのではないでしょうか。いつも一緒に寝ていたり、気がつけば抱っこしていたり、手が触れればその分汚れますし、小さい子供ならなめたり食べこぼしで汚したりすることも。ダニやハウスダストも気になりますよね。

そんなぬいぐるみ、クリーニングに出してキレイにすることができるって、知っていましたか?愛着があるぬいぐるみをすっきりキレイに!ぬいぐるみクリーニングについて、詳しく調べてみました。

ぬいぐるみをクリーニングに出したらどのくらいで帰ってくる?

クリーニングに出したらいつ帰ってくるのか、これはやっぱり把握しておくべきですよね。どうしても期日までに間に合わないと困るというような、例えば仕事で着るスーツや冠婚葬祭の礼服などとは違いますが、これがないと眠れない!という子供なら、あまり時間がかかるのは困るでしょう。

クリーニング店によって、出してから帰ってくるまでの期間は異なりますが、ほとんどの場合が2~3週間程度だといいます。ただし、ぬいぐるみのサイズや使われている素材によっては1か月~2か月かかる場合もあるようです。お店の混雑状況によっても、帰ってくるのが遅くなることもあるでしょう。

ぬいぐるみクリーニングの値段の相場

衣類や毛布などのクリーニングなら、利用することもありだいたいの値段が分かると思いますが、ぬいぐるみをクリーニングに出すのが初めてなら全然見当もつきませんよね。

ぬいぐるみクリーニングの値段の相場は、サイズと金額が比例し30㎝までなら2,000円~3,000円程度になります。30㎝を超えると、10㎝ごとに金額がアップするなどそのお店によって値段を設定しています。

また、洋服を着たぬいぐるみなら、洋服のクリーニング代が別料金になったり、特殊な素材であるなど通常のクリーニングができない場合は特別料金がプラスされることも。防ダニ加工や抗菌加工などのオプションをつければ、さらに値段が高くなります。

ぬいぐるみクリーニングは、一般のクリーニング店の特殊クリーニングで出すか、ぬいぐるみ専門のクリーニング店に出すことになりますが、専門のクリーニング店ならほつれやほころびなどを有料で補修してもらうことも可能です。

もくじに戻る

ぬいぐるみクリーニングの出し方と注意点

ぬいぐるみをクリーニングに出す時の、出し方と注意点についてご説明します。

ぬいぐるみクリーニングが可能か確認する

近所にあるクリーニング店に持ち込んでも、ぬいぐるみは受け付けていないと断られる可能性もあります。持ち込む前に、まずぬいぐるみを出すことができるのか、お店に確認してからにしましょう。身近にぬいぐるみのクリーニングを行うお店がなければ、宅配クリーニングを利用しても。

ほつれやほころびを確認

クリーニングに出す前にはなかったほつれやほころびが、帰ってきたら見つかったということが無いとはいえません。クリーニング店でダメージを受けてしまう可能性もあるということです。トラブルを避けるために、クリーニングに出す前にぬいぐるみのほつれやほころびを確認し、写真を撮っておいても良いでしょう。

傷みが激しいぬいぐるみなら、お店で断られることもあるかもしれません。クリーニングだけでなく、補修もしてくれるお店もありますから、相談してみることをオススメします。

もくじに戻る

ぬいぐるみのクリーニングの疑問

ぬいぐるみクリーニングについて、よくある疑問とその答えについてご説明します。

クリーニングで毛玉をとってくれる?

気になるぬいぐるみの毛玉、クリーニングと同時にとってもらえればありがたいですよね。クリーニング店によっては毛玉取りも行っていますが、手間のかかる作業になるため料金は高くなります。それに、完全に毛玉を取りきることは難しく、満足できる状態で帰ってくると期待しない方が良いかもしれません。

クリーニングでにおいはとれる?

ぬいぐるみは小さな子供が触ったりなめたりすることがありますから、クリーニング店では安全で安心な石鹸・洗剤を使用してクリーニングします。においがそれほどひどくなければ、石鹸や洗剤を使って丸洗いすることでにおいをおとすこともできます。もしにおいがひどければ、においを除去する溶剤を使用して落としてくれます。溶剤も、石鹸や洗剤と同じように安心安全なものなので心配いりません。

ぬいぐるみは自宅で洗える?

クリーニング店に出さずに、自宅でぬいぐるみを洗うことは可能なのでしょうか。すべてのぬいぐるみではないですが、可能です。

自宅で洗う時、事前に確認すること、やっておくべきことは次の通りです。

1.ぬいぐるみの洗濯表示を確認する
2.服を着ているなら脱がして別々に洗う
3.色落ちのチェック
4.洗濯機を使用するならネットに入れる

洗濯できるのか洗濯表示を確認するだけでなく、色落ちしないかを確かめることが必要です。服を着ているぬいぐるみ、本体以外に小物がついているぬいぐるみなども、本体とは別に洗うようにします。もちろん、それらの服や小物も水洗いできるもののみ洗いましょう。

もくじに戻る

洗濯機で洗う場合

ネットに入れたぬいぐるみを、デリケートな衣類を洗う手洗いコースやドライコースで洗います。洗剤はおしゃれ着用を使いましょう。脱水は短時間で型崩れしない程度に行います。ダメージを受けそうだと心配になったら、バスタオルなどで包んでから脱水しましょう。

もくじに戻る

手洗いする場合

洗いおけにぬるま湯を入れておしゃれ着用の洗剤を溶かし、ぬいぐるみを浸してやさしくゆっくりと押し洗いします。汚れた部分はゴシゴシ擦りたくなりますが、生地を傷めたり型崩れするので控えます。

汚れがひどい場合はしばらく浸け置きしますが、あまり長く浸けると色落ちの心配があるので、長くても30分程度にします。洗ったら軽く手で挟むように絞って水を切り、やさしくすすぎます。脱水は洗濯機で10秒ほど回しますが、この場合もバスタオルなどで包んで回すようにします。こうすることでダメージを避けられるほかに、短時間の脱水でも水切れが良くなります。

洗濯機・手洗いともに干す時は吊るすのではなく、平置きしてしっかりと乾燥させます。日光に当てることで早く乾きふっくら仕上がりますが、直射日光が強いと色あせの原因にもなるので注意してください。

自宅で洗うことができるのは、洗濯表示に洗濯機や手洗いのマークがあるもの。水洗いできないものなら自宅で洗うことは諦めましょう。ただし、自宅で洗うことで変形してしまう可能性があり、乾燥が不十分だとカビが生えたりにおいがしたり衛生面で不安があります。ですから、ぬいぐるみは水洗い可能でも、クリーニング店にお任せした方が良さそうですね。

ぬいぐるみはコインランドリーで洗える?

衣類や毛布、布団だって洗える便利なコインランドリー。ついでにぬいぐるみも洗いたい、洗ってもOKでしょうか?洗濯機洗いが可能なぬいぐるみなら、コインランドリーでも洗うことができるでしょう。でも、ぬいぐるみは乾燥機での乾燥は避けた方が良いので、コインランドリーに持ち込んでも洗って脱水するところまで、脱水もあまり長時間かけると変形する恐れがありますから、乾燥は自宅に帰ってからになります。

コインランドリーによっては、ぬいぐるみが洗えないこともありますから、事前に問い合わせておくようにしましょう。

もくじに戻る

まとめ

ぬいぐるみについた汚れやにおいは、クリーニングですっきりキレイにすることができます。

・クリーニングの値段相場は2,000円~3,000円
・サイズや素材、オプションによって金額がプラス
・クリーニングに出して帰ってくるのは2~3週間程度
・特殊なぬいぐるみは仕上がるまで時間がかかる
・自宅で洗う、コインランドリーでも洗うことは可能
・専門店ならクリーニングと同時に補修も可能

これからもずっと一緒に、大切にしたいぬいぐるみ。自分で洗うことも可能ですが、ほつれたり汚れがひどいのなら、クリーニングに出して安心ですね。それほど頻繁に洗うものではありませんから、2,000円~3,000円の相場ならそれほど高くないのではないでしょうか。